深夜タクシー

大阪の街を走る深夜タクシーとお客様の一期一会の物語

クセが強過ぎる

f:id:click4happy:20180401221917j:plain

 大阪指折りの繁華街、十三(じゅうそう)は、歓楽街のイメージもあるディープな町、それゆえ夜の深さも底がない、と思う。

 塚口武庫之荘へ行った帰りなどは、山手幹線から十三筋を通って梅田のダウンタウンへ向かう。この帰り道は少しだけ緊張感がアップする。我先に梅田、北新地界隈に戻ろうとする暴走タクシーがひっきりなしに追い越して行くし、残業で遅くなった製薬会社の社員が暗闇から突然現れたり、三津屋あたりのスナックやバーで飲んだ酔客が歩道の柵に身を乗り出して手を挙げていたりするからだ。そんな十三筋も、山陽新幹線の高架をくぐり、国道176号線のバイパスを過ぎれば、阪急十三駅前のスクランブル交差点が緊張を解くように大きな広がりを見せる。

阪急十三駅西口交差点

阪急十三駅西口スクランブル交差点、夜が忍び寄る

  駅前西口の乗り場には一台もタクシーが停まっていない。お帰りタイムでタクシーも大盛況だ。スルリと先頭に滑りこんで、お客様のご乗車を待つ。スクランブル交差点には、今宵もあちこちで酔っ払いが盛り上がっている。奇声をあげるワカモノよこっちに来るなよ。目を合わさないように下を向いていたら、コンコンと後部座席の窓ガラスをノックする音にどきりとする。ドアを開けると、髪を後ろで引っ詰めた木村佳乃似の美人が入ってきた。

「運転手さん、ゴメーン近いねん。塚本お願い」

「近い遠いはお構いなく。JRの駅前あたりですか」

「そうそう、交番のとこ高架くぐって左入ったとこ」

「かしこまり」

 青信号になってクルマが動き出すと、木村佳乃がふーっと深い息を吐いた。

「今日は女子会かなにかで」

「そんなんやったらええねんけど。知り合いのお店でバイト。客のクセが強すぎ。運転手さんもそうやけど、酔っ払いの相手は疲れますわ」

「クセが強すぎ」

「そう、強烈な三人組。おっさんらの年は分からんねん、謎。クセが強い言うか、キャラが濃い言うか。一人カラオケ歌いやんねんけど、ヘビメタばっかり。首に筋立てて熱唱。そやけどその人笑点歌丸みたいなオッサンやねんね。血管切れて死ぬでっちゅうねん。ほんで、見た目のび太みたいな大人しそうなオッサンは、下ネタかオヤジギャグしか言わんセクハラオヤジやし。こっちが水割り作ってるその隙に、腕の下から手え入れて乳触ってきよるし」

「お触りはいけませんね」

「そやろ。ママとは知り合いやから、客に強う言われへんけど。最後は『コラっのび太』言うてました、ははは」

のび太ずるい。酔っ払いもギリギリの節度が大事です」

「ほんまにそれ。三人目のオッサンが一番無害やったかな。ゴルゴ13に似てる渋いオッサンやってんけど、ツマミに出してるマシュマロ鼻に詰めて遊びやんねん。ちょっと闘ったあと鼻血出たゴルゴみたいな。ティッシュ詰めたゴルゴ、笑えるでしょ」

「ゴルゴ13じゃなくて、十三のゴルゴ。よう出来たオッサンですね」

 有名進学校北野高校の横を抜けて、淀川通りを西へ向かうと、すぐにJR神戸線宝塚線の高架が見えてくる。

「今日も一日お疲れ様でした」

「ありがと。少ないけどとっといて」そう言って木村佳乃は降りていった。一癖も二癖もあるお客を相手に、お疲れもひとしおだろう。

 ディープな町十三。夜が深くなればなるほど、どこからともなく、見たこともないような深海魚が暗闇から姿を現す。ばったり出くわしたら、少し距離を置いて様子を見るに限る。ゆらゆらと潮の流れに押されるような千鳥足と回転不足の呂律に酒の量が垣間見える。
 お帰りはどちらですか。
 せめてちょうちんアンコウ、その足もとを自ら灯して帰れるといいのだが。
 阪急十三駅西口からJR塚本駅前 660円。ご乗車ありがとうございました。

十三 (大阪市) - Wikipedia

薫り高い蕎麦とお酒・一房屋

tabelog.com